多重債務者の救済 〜私の体験談・回顧録ブログ〜

スポンサードリンク

多重債務者への救済融資??

多重債務者への救済融資というのは、
言葉自体矛盾してますよね。
借金していて首が回らない人にお金を貸すなんて、可笑しな話です。


しかし、溺れる者は藁をも掴む。
そんなものが存在していると信じたくなる精神状態なんですよね。


・・・分かります。


私も必死に、多重債務者への救済融資を探した経験がありますから。


自治体にはたいてい生活支援融資みたいなものがあり、
低所得者や離職者、高齢者、障害者向けに低利の融資を実施しています。


しかし、多重債務者の救済を目的にした融資というのは・・・ないです。


当たり前といえば当たり前で、
多重債務者の救済は融資ではなく、
債務の免責・減免で行われるべきで、
債務整理という制度が多重債務者の救済として十分に機能しています。


多重債務者へ救済融資と言えなくもないのは、
民間の金融機関が提供している「おまとめローン」「1本化ローン」になるでしょう。


借金の借り換えに過ぎませんが、
より低利での借り換えになるのが一般的なので、
毎月の返済額だけでなく、総支払い額も大幅に減らすことが可能です。


公的な多重債務者への救済融資というのはありませんが、
これらの金融商品をうまく活用することで道は開けてくるはずです。


実際、私も東京スター銀行のおまとめローンを利用していますから。



多重債務者を救済してくれる機関といえば、ココ!

多重債務者を救済してくれる機関として、
私が真っ先に皆さんに覚えて頂きたいのは、
法テラス」です。


法テラスは、総合法律支援法に基づき、
独立行政法人の枠組みに従って設立された公的な法人です。
これが多重債務者の救済機関として機能しているんです。


私が多重債務者となり、
どこもお金を貸してくれない状況に陥って、
真剣に債務整理を考え出した頃、
自分なりに色々調べてみて分かったのは、
債務整理するにも多少はお金が必要だという事でした。


月数千円のやりくりにも汲々としているというのに、
何で債務整理にお金がかかるんだ?と一人憤っていました。


しかし法テラスには「法律扶助制度」があり、
もし債務整理を弁護士に依頼したいがお金が支払えそうもない場合、
月々1万円の返済で費用を立て替えてくれることを知りました。


多重債務者の救済については、
制度としては債務整理が、
機関としては法テラスがまさに最後の砦であると思います。


これらの存在をよく知ることで、
私は精神的に落ち着くことができました。


よく多重債務者の自殺や事件などが話題になりますが、
当事者が債務整理や法テラスのことを知っていたら、
もしかしたら違う結果になったんじゃないかと、
考えずにはいられません。


日本という国は、
意外と多重債務者を救済してくれる制度や機関がきちんと整備されているんだ、
という事実を皆さんにぜひ知って頂きたいと思います。


なお、法テラスは費用の立替だけでなく、
無料の法律相談も業務としていますので、
いきなり地元の弁護士や司法書士の事務所に連絡を取るのが億劫であるなら、
ぜひ法テラスに相談してみてはいかがでしょうか。

多重債務者の救済方法の窓口は?

多重債務者救済方法に関しては、
以前に比べると、ずいぶんと窓口が増えてきています。


無料で相談できる場合も多く、
多重債務者を救済する方法なり制度なりが整いつつあることが伺えます。


多重債務救済方法の窓口として挙げられるのは・・・


・都道府県、市町村などの自治体
・弁護士会、司法書士会
・各弁護士事務所、司法書士事務所
・NPO法人
・大手Q&A掲示板サイト(教えてGooやYahoo知恵袋、OKウェブなど)


このように様々な機関が
多重債務者の救済方法に関する相談窓口として機能しています。


対面相談だけでなく、
電話相談やメール、FAXなど
様々な方法で多重債務に関する相談が可能になってきているのです。


ちなみに・・・ちょっと話は逸れますが、
多重債務者によ救済の「需要」が高い地域があるのをご存知ですか?


たとえば以下のような
「地域+多重債務相談」等の検索キーワードがよく使われているようです。


広島県、鹿児島、茨城、大阪、長野県、岡山県、総社市、福岡県、
福岡市、埼玉、熊本、大分県、宮城、京都、札幌市、名古屋市、千葉県、
高知県、宇都宮市、新潟、札幌、沖縄、仙台、松山市、松戸市、福井県



おお、我が茨城県も入ってますな・・・。
東京や大阪などの大都市・大消費地だけなのかと思いきや、
ほとんど全国的に多重債務者が救済を求めていることが分かりますね。

多重債務者を救済してくれるローンと言えば

多重債務者救済するローンというのは、
お金がないどころかマイナス収支の人にお金を貸すことになり、
かなり矛盾した表現ですが、あえて当てはめるなら、
「おまとめローン」や「1本化ローン」というのが、それに一番近いと思います。


自治体などの公的機関が
何かしらの生活救済的な融資を行っているケースは多いですが、
さすがに多重債務者の救済を目的にしたローンというのはないはずです。


あり得るとすれば、
債務整理などを実行して、
借金をチャラにしたり、減らしたりしたにも関わらず、
なおかつ生活に困窮しているといる人向けの融資でしょう。


債務整理もしたくない、
家族からもお金を借りたくない、
そんな多重債務者に公的機関が救済のローンを提供するはずありませんよね・・・。


なので、多重債務者の救済ローンと言えば、
おまとめローン・1本化ローンと呼ばれている金融商品のことを指す、
と考えるべきでしょう。


実際、私は3社120万円の借金の返済に、
毎月8万円以上支払っていましたが、
東京スター銀行のバンクベストというおまとめローンを利用して、
今では月2万3千円の返済です。随分ラクになりましたよ♪


また月々の返済だけでなく、
利息を含めた総支払い総額においても、
3社から借り入れしている時よりも、ずっと金額が少なくて済みます。


多重債務者の救済として十分機能するローンだと思いますよ!


所詮は借金の借り換えに過ぎないわけですが、
より負担の少ない選択をするのは当然のことです。


また、おまとめローンと一言で言っても、
今では東京スター銀行だけでなく、
幾つも同じような商品が出回っていますので、
シュミレーションを利用して、より金利が低く借りられるところを選びましょう。

サルでもわかるFXはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。